香港人の帰化申請

香港人の帰化申請する場合

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

無料相談の問い合わせ03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ メルフォームは24時間対応 ]休日も対応

無料相談の問い合わせ、ご予約はコチラ 休日やお仕事帰りの遅い時間帯にも対応しております。お気軽に問い合わせください。

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

帰化申請は、帰化サポート@東京にご相談下さい。日本人になりたいあなたを帰化申請に詳しい行政書士がサポート致します。

こんにちは、行政書士の森元です。

帰化サポート@東京では、帰化申請のサポート等の外国人在留を専門に業務を行なっております。

香港人の帰化申請手続き

香港人が帰化申請する場合は、本国書類として出生証明書や結婚証明書、親族関係証明書(無い場合は両親や兄弟姉妹の出生証明書)その他の証明書(婚姻、離婚、死亡など)の本国書類が必要となります。これら書類は、その方の状況や家族構成によって誰の書類が必要がが違ってきますので各個人の状況に合わせて必要書類を集める必要があります。また、香港の方特有の事情として国籍離脱の手続きが必要という点があります。

香港の場合には、国籍離脱の手続きを日本国内では行えない為、そして本人以外に手続きができない事もあり、本国(香港)に行く必要があります。この際の手続きも他国の場合と手続きが違う為煩雑ですが、手続きの時間自体はそれほどかかるわけではありません。(国によっては、1年や3年も国籍離脱の手続きに時間がかかる国もあります。)

上記の国籍離脱手続きについて香港の場合は、法務局の担当官から指示があってからするものですので、気をつけて下さい。(国によって手続きや手続き期間は違います。)くれぐれも申請前段階で国籍離脱の手続きをしない様にして下さいね。

香港の方が帰化申請をして日本国籍となる為には、様々な書類を集める必要があります。

本国書類を集める必要がある

香港人の方が帰化申請する場合には、本国書類として証明書を集める必要があります。戸籍謄本や出生証明書、結婚証明書等があります。(家族構成や経歴により取得する書類が変わります)

これらの書類は、原則として日本ではなく本国である香港で取得する書類となります。(香港の方の場合には、イギリス国籍の方や中国国籍の方がいらっしゃいます)この書類は皆さんが手元に持っているパスポートの大きさ程度の証明書の事ではなく、本国で発行してもらう公的書類となります。その為、本人が帰国の際に取得するか、親族等に頼んで取得する事になります。この時に地域や担当者によって本人ではないと取得出来ないと言われてしまう事も稀にですがあるようです。そういった場合には別日などに再度取得に行き別の担当者だと取得出来てしまう事もありますので何度か試してみるのもいいかもしれません。それでも、無理な場合は本人が直接取得するしかありません。帰国予定の際に取得しておく事を推奨致します。

日本国内の書類も沢山必要となる

本国書類が揃ったら、日本で取得しなければならない書類を順次集めていく事になります。

日本国内の公的書類等には、書類によって有効期限がありますので集める順番もとても大切になります。

会社関連の書類や自身の資産を証明する書類などとして給与明細書や在勤給与証明書、登記事項全部証明書、給与証明書、賃貸借契約書、住民票、戸籍謄本や付票(日本人の配偶者の場合や、以前そうであった場合)、課税納税証明書などなど、他にも沢山の書類を集める必要があります。

書類を全て集めて書類作成をしたら法務局へ予約

日本で取得すべき公的書類や私文書、作成しなければならない書類を全て作成してから法務局に提出の予約を取り、提出となります。専門家に依頼している場合は大抵この1回目で申請書類なる受付(申請書受理)となります。

自分で申請する場合は何度も法務局に行き、その度に予約する必要がある?

自分で申請するという方の場合には、事前に法務局へ相談の予約を取り行く必要があります。(管轄地域の法務局にもよりますが、予約が1ヶ月から2ヶ月程先になる場合もある為にあっという間に月日が過ぎていくものです。)その後本国書類集めて国内書類集め、自身で書類作成をしてから再度法務局に予約を取り提出に行くのですが、初めて作成する外国人の方(普通は帰化申請書類作成は初めてのはずです)の場合、この2回目の法務局への予約で書類提出に至る事はないでしょう。書類の不備を指摘され、書類をを集めてから再度予約という流れを何度か繰り返す様です。その度に予約を取ってからとなりますのであっという間に半年、1年が過ぎてしまう様です。

先日、当事務所にいらした方は、自分で申請作成をはじめてから2年が経っていました。それまでに6回法務局に予約を取って行ったそうです。

自分でやっていては、流石に時間だけか過ぎてしまうので、自分での書類作成を諦めて専門家に依頼しようという事で当事務所に相談にいらっしゃいました。その後、当事務所で書類作成をして法務局なら同行し、一回で書類受付(書類提出受理)となりました。

専門家に依頼した場合は、必要書類を集めて、書類作成は専門家に任せ、法務局へ同行して提出に行きます。専門家の場合は、原則としてその場で(1回目で)書類受付(書類受理)が殆どです。

※ちなみに、関東でいうと埼玉県の場合は自分で申請も行政書士に依頼した際も、プラス1回法務局に行く回数がどうしても増えます。現時点で、埼玉県の場合は書類に問題無くてもその場で受け取って貰えず、次回に提出日を設定されて提出だけの為に行く必要があるからです。

香港人の方で帰化申請をお考えの方

帰化を考えたら

当事務所では、香港人の方の帰化申請のご相談も多数受けており、毎日の様に申請のお問い合わせもあります。帰化申請をお考えの香港人方へ、無料相談を行なっております。帰化をしたいと考えたらお電話又は、メールフォームよりご予約、お問い合わせ下さい。お待ちしております。

取得する!!帰化•日本国籍取得

無料相談の問い合わせ03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ メルフォームは24時間対応 ]休日も対応

無料相談の問い合わせ、ご予約はコチラ 休日やお仕事帰りの遅い時間帯にも対応しております。お気軽に問い合わせください。
取得する‼️帰化・日本国籍取得
帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

無料相談の問い合わせ03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ メルフォームは24時間対応 ]休日も対応

無料相談の問い合わせ、ご予約はコチラ 休日やお仕事帰りの遅い時間帯にも対応しております。お気軽に問い合わせください。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。