特別永住者が帰化申請する場合に必要な本国書類を集めるには?

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

韓国籍の特別永住者が韓国の本国書類はどの様に集めるの?

帰化申請をするには、必要書類の量がとても多いものです。しかも集める書類は各人それぞれで違い同じではありません。国籍の違いは勿論の事ですが、家族構成、本人やご家族の生まれてから今までの経歴によって必要書類が変わります。その中でも本国書類集めは帰化では、とても重要となるのですが、特に韓国の本国書類の場合は、他国籍の本国書類と違い、日本の領事館で取得できるという利点がある一方で、本国書類の量は他の国籍の書類よりも非常に多くなります。そして全てについて翻訳文も付けなければならない為、とても大変な作業となります。韓国籍で留学や仕事で日本に来ている方と違い特別永住者の方々は生まれてからずっと日本で生活してきて、韓国語の翻訳は全く出来ないという方も非常に多く困難を極めるようです。

本国書類はどのようにして取得するのか?

日本の韓国領事館で取得する事になるのですが、直接行って取得する方法と郵送で取得する方法があります。ここで注意したいのが、直接行った場合には、その場で本国書類をもらう事ができますが、郵送の場合は、1ヵ月程かかるという点です。とても時間がかかります。

本籍地の情報が無いと取得出来ない

そして、本国書類を取得するには、韓国での本籍地がわからないと取得は出来ないという事です。特別永住者の方たちは韓国の本籍地が分からないという方が多いです。そもそも、生まれてから日本にずっと住んでいて韓国に行った事も無いという方もいらっしゃいます。韓国の本籍地が分からない場合には、本国書類は取得できませんので、まずは、本籍地を調べることから始める必要があります。韓国領事館で本籍地は教えてもらえない為、自分で調べてから領事館に行き本国書類を取得しなければなりません。

韓国の本籍地の調べ方

では、韓国の本籍地を調べるにはどのようにして調べる必要があるのでしょうか?

まずは、出入国在留管理庁へ外国人登録原票の請求をして取り寄せます。外国人登録原票で本籍地を調べるのです。

※ただし、登録の申請がされている情報しか記載されていない為、必ず外国人登録原票に記載されているとも限らない点にも注意が必要です。

朝鮮籍の方では、本国に登録がされていない方もいらっしゃいます。このような方は、帰化申請自体、本国書類で対応できません。書類収集の時点で難易度が非常に高くなりますので専門家に依頼する事を推奨致します。

帰化専門行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度となる帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる場合は当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。

帰化をお考えの方は、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点など、電話、又は、無料相談メールフォームよりご相談ください。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。