帰化申請の不許可事例①

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

帰化申請は、帰化サポート@東京にご相談下さい。日本人になりたいあなたを帰化申請に詳しい行政書士がサポート致します。

こんにちは、行政書士の森元です。

帰化サポート@東京では、帰化申請のサポート等の外国人在留を専門に業務を行なっております。

帰化申請の不許可事例とは?

帰化申請をするという事は、日本国籍を取得するという事です。

そして、法的に日本人となるという事でもあります。その為、最低限の日本語能力が求められる事になります。

日本語が聞き取れて、話せる。そして、書ける。という事です。

どの程度の日本語能力が必要なの?

どの程度の日本語能力が必要ですか?と聞かれる事が多いのですが、目安とされているのは小学3年生レベル以上となっています。その為、帰化する為に日本語学校に通ったり、日本語能力テストを受けたりする方も非常に多いものです。

筆記テストを行う事が最近は多い?

また、筆記試験を行う事も最近では多いです。会話や初日申請の際に問題無いと判断されて筆記テストを行わない場合もあったのですが、昨年頃から筆記テストを行う事が多くなった様に感じられます。帰化に関しては日本語能力について厳しく審査されている印象がありますので、筆記試験のギリギリまで日本語能力を上げておく事をお勧めします。

留学ビザだった方や就労ビザの方々は大丈夫な方が多い?

日本語能力について、日本の大学や専門学校等を卒業している方、日本の企業で働いている方などは、あまり心配ない様です。学校で学んできていたり、卒論を自分で作成したりしているのでほとんどの方は問題ないようです。

日本人(永住者)の配偶者の方は要注意

日本人(永住者)の配偶者などの方々の場合に日本語能力が問題となる事があります。日々の中で日本人との交流がある方などはよいのですが、交流がない方などの場合に日本語能力があまりに無いとなると不許可となる原因になります。

しかも、日本人の配偶者の場合は住居要件が緩和されている為に通常の外国人よりも早く帰化申請する事が可能となります。その為、日本語要件が追いついて無い方も多いのも現状です。

ちなみに、日本人の配偶者の場合は少し位は多目に見てもらえる様ですが、あまりに日本語能力が低すぎると、やはり不許可となります。その為、この点にあまり期待しない方が良いと思います。どちらにせよ万全に行く為には、筆記テストの時までに勉強することをお勧めします。

日本語試験対策は、何をすれば良い?

小学校3年、4年生レベルの読み書きを勉強することをお勧めします。

帰化許可となっている方は、テストまでに皆さん一生懸命勉強しているようです。

取得する!!帰化•日本国籍取得

取得する‼️帰化・日本国籍取得
帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。