一般の外国人の方が、帰化したい場合、相談時に良く聞かれる事

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

こんにちは、行政書士の森元です。私は、法務局への帰化申請のサポートや入管のビザ申請をメインに業務を行なっております。

帰化についてのお問い合わせを毎日の様にいただきますが、私は帰化する事ができますか?という問合せがやはり多いですね。

帰化の要件の理解が重要

帰化出来るのかどうかを知りたい為には、帰化の要件をよく理解する(正しく)必要があります。

配偶者も一緒に申請する?しない?

その中で、

よく書かれるのが、自分は帰化して、配偶者はしなくても大丈夫ですか?という事をよく聞かれます。

また、自分は長年日本にいるので要件場合揃ってると思いますが、妻はまだ1年しか日本にいないのですが、帰化はできないでしょうか?

などです。

ご家族のうち1人だけ申請も大丈夫

まず、帰化はご夫婦で一緒にしても、1人だけして片方の配偶者はしないというのも大丈夫です。

夫と子供は帰化したいのですが、妻はしないというのもよくありますが、大丈夫です。

要件が足りないご家族も一緒に申請出来る?

また、配偶者の方の片方が1年しか日本に在留していなくて要件が足りなくても、もう片方の配偶者が要件をクリアしていれば帰化出来る事が非常に多いです。

日本人の配偶者扱いになるから?

理由として、同時に申請をして片方が許可扱いとなればもう片方の方は「日本人の配偶者」としての扱いに審査過程でなるからです。

もともと、日本人の配偶者の方は、要件が緩和されている事もありますので、この場合も同様の扱いになるという事です。

日本人の配偶者から帰化申請としての要件を満たしていれば、一緒に申請可能という事になります。

そのかわり、書類作成上の必要書類や作成書類は当然多くなりますが帰化申請可能という事になります。

帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。