帰化又は永住希望帰化と永住はどっちがいい?

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

帰化又は永住を希望

こんにちは、入国管理局申請取次行政書士の森元です。

帰化や永住、外国人在留資格の専門家行政書士

当事務所では、帰化や永住権などの在留資格について専門として業務を展開している事もあり、帰化申請のご相談電話が毎日のようにあります。

「帰化と永住」で悩んでいる?

今日も、帰化又は永住でのご相談だったのですが、「帰化と永住」で悩んでいる様子でした。

帰化と永住の要件を満たしているのかを確認、その後、それぞれのメリットやデメリットをお話しする事に。

今回の方は、永住権の場合の条件として足りない部分がありました。帰化の場合は特に問われない部分であった為、帰化の方が許可可能性十分にあり。永住権は厳しいという内容でした。

本人は、帰化で大丈夫との事でしたので、念の為、帰化の場合の国籍離脱について説明。本人に問題ないかどうかを確認となりました。

各外国人の方それぞれで考え方が違う為、どちらを選択するかは本人次第となるので、最終的には、自分で判断する必要がありますが、それぞれのメリットやデメリット、現状の許可の可能性を判断する事となります。

帰化と永住両方同時申請してもいいの?

そして、相談時にたまに聞かれるのですが、「両方を同時に申請しても大丈夫ですか?」と質問される事があります。

答えは、ダメです。どちらかのみしか、申請出来ません。

どちらかの審査が不許可になった場合にもう片方を申請する事は、もちろんできますが、

帰化と永住の書類を同時に申請してしまう事やどちらかを審査中に他方を申請してしまう事は出来ませんのでご注意が必要です。

帰化と永住の要件は似ているようで違う?

帰化と永住では、内容が似ているようで違います。取得後のメリットも違いますし、取得する為の要件も随分と違います。申請する場所も、もちろん違います。

永住の相談に来たけど、条件が足りなくて無理な状況でも、帰化は大丈夫な方も非常に多いものです。

どちらが簡単とかではないのですが、条件がそれぞれ違う為、人それぞれによってどちらが許可可能性が高いかは違うという事です。

帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。