中国人の方が帰化する場合

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

帰化申請のご依頼で中国の方の依頼は多いです。

行政書士アーム法務事務所での中国の方の帰化申請は多いですね。半分くらいは、中国の方と韓国の方ではないでしょうか。最近では、その他の国の方も増えてきてます。(台湾やロシア、ウズベキスタン、アメリカ、イギリスなど)

必要書類は、その人の状況、国籍、経歴、家族構成等によっても随分変わります。さらに、人によっては任意書類として提出すべきかすべきでないかも変わってきます。

各人によって必要書類は変わってきますが、中国の方が帰化申請をする場合、本国書類を集める必要も出てきます。他にも、日本国内書類など集める書類も多数となります。帰化申請の場合は、集める書類も膨大になりますし、作成書類も多く書方も煩雑で難しいものです。さらに細かな書類作成上のルールもある為、とても時間がかかります。

当事務所では、必要書類をヒアリングにより確定し、リストアップしてお渡し致します。リストアップに従って必要書類を集めて当事務所にご郵送頂くだけです。その後、申請書類作成後に予約を取り書類提出となります。

よく、自分で申請したが不許可になったので再申請をお願いしに来る方がいらっしゃいますか、

その後に再申請の書類をキチンと作成して、動機書も作成直しをして許可となる事も少なくありません。

帰化の場合には日本語の勉強は、必ずしておきましょう。日本語レベルは小学校3年生位と言われてます。中には、この日の為に日本語学校に通う方も少なくありません。その為に日本語検定を取得しているとプラス材料です。日本語検定レベルとしてはN3以上が基準となります。N2以上有れば十分なレベルでしょう。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。