帰化申請で必要となる中国人の本国書類って?

中国人の方が帰化申請する場合に必要となる本国書類、公証書とは?

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

無料相談の問い合わせ03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ メルフォームは24時間対応 ]休日も対応

無料相談の問い合わせ、ご予約はコチラ 休日やお仕事帰りの遅い時間帯にも対応しております。お気軽に問い合わせください。

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

帰化申請は、帰化サポート@東京にご相談下さい。日本人になりたいあなたを帰化申請に詳しい行政書士がサポート致します。

こんにちは、行政書士の森元です。

帰化サポート@東京では、帰化申請のサポート等の外国人在留を専門に業務を行なっております。

帰化申請をする際に必ず必要となる本国書類とは。国によっても違いますが、申請人の状況や家族構成によっても変わってくる為、上記に応じて判断する必要があります。

中国人の方が帰化申請する際に必要となる書類は公証書

中国の場合は、日本とは違い戸籍制度がありません。その為、身分関係を証明する公文書となると日本でいう戸籍にあたるものとして、公証書を提出する事になります。

この公証書は日本の戸籍と違い、各証明したい事項ごとに取得する必要があります。その為、家族構成や状況によって各人ごとに必要となる書類が違います。

中国の公証書の種類

  • 出生公証書
  • 結婚公証書
  • 親族関係公証書
  • 離婚公証書
  • 死亡公証書
  • 国籍証書

上記6種類ではありますが状況によって誰の書類が必要なのかが違います。親族関係公証書については全ての親族が記載されているもの、本国だけでなく、在日している親族についても記載されている必要があります。

ここで問題となるのが、中国の公証書は、原則として大使館や領事館で取得出来ないという事です。

原則として本国の登録した官公庁でしか取得出来ない物なので本人が帰国時に取得するか、または、本国にいる親族に頼んで取得するしかありません。中国の公証処で取得して下さい。

※ただし、本国書類については作成期限がありません。昔取得した古いものの原本さえあれば使えますので大丈夫です。(ただし、コピーは使えません。必ず原本である必要があります。)現行の運用上は、本国書類については作成期限が定められてません。

中国の方の場合は、国籍証書は法務局で指示があってからで大丈夫

国籍証書について中国の場合には、法務局での申請受領後に法務局の指示に従えば大丈夫です。法務局に指示されたら、在日中国領事館で取得します。

取得する‼︎帰化・日本国籍取得

取得する‼️帰化・日本国籍取得
帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

無料相談の問い合わせ03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ メルフォームは24時間対応 ]休日も対応

無料相談の問い合わせ、ご予約はコチラ 休日やお仕事帰りの遅い時間帯にも対応しております。お気軽に問い合わせください。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。