帰化申請の不許可事例④日本国籍取得

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

帰化申請は、帰化サポート@東京にご相談下さい。日本人になりたいあなたを帰化申請に詳しい行政書士がサポート致します。

こんにちは、行政書士の森元です。

帰化サポート@東京では帰化申請のサポート等の外国人在留を専門に業務を行なっております。

帰化の不許可事例④日本国籍取得

借金(借入)がある場合の帰化申請は可能?

借金については、帰化申請の要件の中で生計要件に関係してきます。借金があるからといって不許可となる訳ではありません。

その内容が重要となります。

帰化申請の要件は様々なものがありますが、では、帰化申請の生計要件とはどの様な事なのでしょうか?

帰化の生計要件

※国籍法「自己または、生計を一にする配偶者その他の親族の資産または、技能によって生計を営む事が出来ること。」

上記国籍法に記載されている内容の意味は、帰化して日本人となった際に日本で暮らしていくのであれば最低限の生活力は必要という事です。

その為、「生活保護を受ける様なレベルでは生計要件を満たしていない」と判断されてしまいますので不許可となってしまうでしょう。

ただし、日本人の配偶者の様に、自身の収入ではなくて配偶者の収入で生計を営んでいる場合等同居家族間での収入による生計要件でも大丈夫です。

更に、帰化申請では、帰化申請したい本人だけでなく同居家族全員の情報が必要となりますので、同居家族の協力も必要となります。

借金(借入)と生計要件

帰化の生計要件に借金(借入)は関係してきます。

理由として、上記で記載しました「生活保護を受ける様なレベルでは生計要件を満たしていない」という部分となります。

このように、生計要件を定めていることもあって、借金の内容によっては不許可可能性はあります。しかし、借金があるからといってその事のみを判断して不許可となる事はないという事です。

では、借金の内容が帰化の審査に影響するのはどの様な内容でしょうか?

  • 借金の返済金額と収入の内容(収支)
  • 借金の理由や使用理由
  • 資産の状況
  • 年齢
  • 勤務先や仕事状況

等、総合判断となります。

借金があるからといって不許可に直結する訳ではなく、収入と支出のバランスが大事という事です。

住宅ローン以外の場合等は、300万以上の借金があると借入の理由がとても重要となってきます。

もちろん、住宅ローンであっても返済に無理がない事が重要となります。

借金については全て記載して提出する必要があります。当然、事実を記載しないと行けませんので必ず事実を記載しましょう。

その上で、収支が安定している事を証明すべきなのです。

帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

取得する!!帰化・日本国籍取得

取得する‼️帰化・日本国籍取得
帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。