帰化の無料相談でよくある質問とは?

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

無料相談のご予約はお電話でも受付てます。

こんにちは、帰化申請(日本国籍取得)や、入国管理局での永住権取得等のビザを専門として業務を展開している入国管理局申請取次行政書士の森元です。

帰化申請の専門家行政書士

当事務所には、帰化申請の相談が毎日の様にあります。帰化申請は、入国管理局の業務をやっている行政書士の方でも、帰化申請はやった事が無いという方が非常に多いため、同業の行政書士や他士業からのご依頼も当事務所では多く頂きます。

本日の3件の帰化申請をお考えの方の無料相談での質問

さて、昨日は土曜日でしたが、帰化申請のご相談が3件予定が入っておりました。その内、2件は.ご依頼頂けて申し込みとなりました。後の1件は、要件が足りない為時期を待ってとなりました。

帰化申請で多い質問とは?

本日の相談の中でも質問があったのですが、帰化申請の相談時によく多い相談として、年金や健康保険、税金のお話が出てきます。

年金や健康保険、税金

年金や健康保険、税金に関しては、支払いの未納がないようにして下さい。これは重要です。既に未納の方は、最低でも1年分以上を遡って支払って下さい。

永住権の場合は遡って支払ってもダメなのですが、帰化の場合は、現行の運用上は遡って支払って貰えれば大丈夫です。早めに支払いましょう。もちろんその後の支払いもキチンとしましょう。その場合、自動引き落としにしておくべきです。

出入国に関して

また、出国日数が多い場合も不許可要件となりますので注意が必要です。帰化の場合は、仕事での出張を理由としても原則としてダメなので注意が必要です。

一回の出国で3か月以上や、一年で150日以上はリセットとなります。100日以内に収めておく事をお勧めします。

転職について

また、転職についてもよく聞かれるのですが、転職してはいけないという事はありません。しかし、直近1年以内の転職は避けた方が良いです。生計の不安定と判断される可能性があるからです。

年収要件について

年収に関しては、帰化の場合には同居家族人数を基準として生計を維持出来る月収が有れば問題ありません。独身の1人家族で最低20万位は必要と考えれば大丈夫でしょう。ご家族が多い場合は少し多めで考える必要があります。

帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。