帰化申請のご相談と配偶者ビザ

帰化申請の無料相談ご予約はコチラから

帰化申請/日本国籍取得の専門家 行政書士
行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請(日本国籍取得)をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約お待ちしております。

こんにちは、入国管理局申請取次行政書士の森元です。
当事務所では、帰化申請サポートや入国管理局での在留資格(ビザ)の申請を専門として業務を展開しております。

昨日、帰化申請の代行サポートのお申込み及び、日本人の配偶者ビザの更新申請のお申込みでした。

両方ともに要件は問題無しでしたので、受任となりました。

帰化申請について

帰化とは、日本国籍を取得する事ですが、
通常の就労ビザの方の場合、日本に5年以上引き続き住んでいる事が必要です。そして、3年以上正規の在留資格で就労している必要があります。(日本人の配偶者の場合は、要件緩和あり)
また、税金や年金、健康保険の支払いをキチンとしている事が条件となります。

その他に、犯罪や違反についてですが、軽微な交通違反の場合も回数が5年以内で多いと不許可の可能性が高くなりますので気を付けてください。

あと、重要なのが、日本語要件です。レベルとしては、小学3年生位。N3以上が基準となります。

上記、帰化条件が大丈夫なら?

上記が問題無い場合は、帰化申請できる可能性がありますので、帰化を専門としている専門家に相談する事を推奨致します。

帰化申請は、審査期間が長い

帰化申請は審査期間が非常に長いです。最低でも1年、1年半位かかる事も通常です。

帰化審査中も更新は必須です。

その為、帰化の審査期間中に、現在の在留資格の更新時期となる事も多いですが、必ず、更新をしてくだ。帰化の申請をしても、許可となるまでは、現在の在留資格(ビザ)の更新は必須です。更新をしなかった場合は、必ず審査中の帰化申請は不許可となってしまいますのでご注意下さいね。

帰化申請サポートの専門家

帰化申請書類は、必要書類や申請書類含めてとても多く内容も煩雑な為大変です。国籍や経歴によっては、書類が100枚以上になる事も通常です。

また、本人申請の場合には、法務局で予約を取り事前相談、その後書類を集めて提出、書類の不備や必要書類の不備により再度予約を取って法務局へ、という事になります。

自分で申請しようとして何度も(4回、5回も行く人が多い様です。)その度に予約を取り法務局に行く事となりますので、気がついたら1年経ってしまったという方も非常に多く、諦めて当事務所に来られる方も非常に多いです。

当事務所の様な帰化申請の専門家の場合は、当事務所での面談後に必要書類を集め、申請書類を作成、その後、法務局に原則として一度行くだけで受理される事が殆どです。

帰化しようと思っている方、帰化できるのか不安な方、そもそもどうしたらいいのか分からない方等で、帰化申請をお考えの方に当事務所では無料相談を行なっております。当事務所のホームページをご確認の上、お電話または、無料相談メールフォームからご予約下さい。お待ちしております。

帰化専門家の行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。

その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、帰化をお考えの方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。